ヨセミテブログ

いろいろ日記

*

格安のSIMを売っているだいたいの仮想移動体通信事業者にいえること

   

格安のSIMを売っているだいたいの仮想移動体通信事業者は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。

よって、製品スペック上のデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どこも同じような感じになっています。

しかし、実際の通信速度を調べてみるとMVNOによって大きく異なるんです。

一例を挙げると昼休みの時間帯に通信速度を測ると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

さまざまなMVNOも同一のドコモ回線を使っているのにこの通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。

その理由として通信速度は、帯域の太さと設備のところに影響を受けるということがあります。

「データ回線帯域の太さ」と「通信設備」は会社によって異なるものです。

SIMとは、docomoでは、UIMカードKDDI(au)ではauICカード、ソフトバンクでは「USIMカード」という名前の小さいICカード(SIMカード)のことです。

スマホなどに、大手キャリアのものではなく、格安SIMを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、最近よく話題に挙がるようになりました。

一般的には帯域が太い場合には、ユーザーが一気に増えたとしても、速度が低下しにくく、ネットワーク設備がキチンとしていれば、通信データを安定して供給できるので、混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、低価格ということだけでなく回線や設備の品質も含めてサービスを選定する必要があることが分かります。

最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。

格安SIMはちょっと不安という方や、ベースとして使って行けるきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、docomoやKDDIが提供している格安SIMを選択するというのもありですね。

あなたが格安SIMに切り替えれば、月々の通信費を抑えることができます。

通常だと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと1000円未満なんていう料金になることが。

とりあえず、確認してみても悪くないのではないでしょうか。

通常のスマホやSIMが搭載できるタイプのタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、SIMロックフリーのものがある。

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの会社が売っている端末は、SIMを他社のものが使えないSIMにロックがかかっているのです。

でも、SIMロックがかかっていたとしても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、docomoのネットワーク回線を利用しているMVNOの格安SIMのサービスを利用することができます。

低価格でデータ通信できる格安SIM。

例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。

LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。

実際にはスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、インターネット接続できないのです。

これは、スマートフォンでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、格安SIMを後から購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

iPhoneでも使うことが出来るのでしょうか。

MVNOでもドコモ回線のところであれば、docomoのiPhoneがそのまま使えます。

でも、ソフトバンクとauのものは実は使えないのです。

そのような方は、SIMフリーのiPhoneを購入するか、SIMロックを解除する、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。

以下のサイトもチェックを忘れずに。

afushare.xyz

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

私たちが苦労しているのはだいたいの

私たちが苦労しているのはだいたいの場合ヒアリング能力です。これが出来る気がしない …